第九章 
ミキとの遭遇